住宅ローン借り換え審査の専業主婦の年収を徹底分析

住宅ローン借り換え審査交渉方法

初めて住宅ローンを組む際によく聞かれるのが「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば出来ます。

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫する可能性があります。

当然ですが、自動車ローンをキチンと返済していないとそもそもローンの借入不可なので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの申し込み審査でも気をつけるべきポイントです。

稀に、不動産業者側から現在残っている自動車ローンを提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

月々のローンの支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを行うことがあります。

では、その場合、今契約している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンで融資を受けている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ変更する際は別の保険を契約することもできます。

もし、継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

なぜかというと火災保険は契約した後は保険金額が適切な金額で設定されている必要があります。

借り換えのタイミングで見直してはいかがでしょうか。

住宅ローン借り換えとは、別の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行に完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行の許可は必要ないので理論上では100回でも借り換えを行なっても問題はありません。

ただ、借り換えをする理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

そのため、大半の人は1回限りで終わります。

正直なところ、ベストな時期は誰にもわかりません。

また、住宅ローン金利は予測ができないので借り換えを行うべストな時期というものはなく借り換えメリットが月収以上になった時がベストな時期と言われています。

借り換えメリットが月収以上の金額になったときです。

住宅を購入する際に住宅ローン控除の適用を受けたいですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも条件を満たしていれば利用できます。

控除を受けるには勤め先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告が必要です。

その際、必要書類が多いので直前から準備を始めずに余裕を持って始めましょう。

借り換え後も控除を受けられる条件としては、当初の住宅ローン返済のためという内容と借り換え後の借入期間が10年以上残っているかという点です。

基本的に借り換えを行う理由は借金を返すのが目的ではなく金利を見直すためなので状況がそんなに変わっていなければ適用されることが多いです。

最初に組んだ住宅ローンを別のローンにする住宅ローン借り換えですが最初の申し込みで組めたから借り換えも大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちることもあるんです。

基本的には職場や年収が変わっていなければ審査に通る方が多いようですが転職して全然違う職種になっている、年収が下がっている場合は気をつける必要があります。

特に年収が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時は新築扱いだった物件の評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

支払いが滞っている場合は審査が厳しくなります。

年収に対してのローン額が増えていると通らない可能性があります。

住宅ローンを契約した際に固定金利のフラット35を利用した方の多くは全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識はありませんか?実は平成21年から借り換え融資プランができて住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合も多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればメリットを受けられます。

よく借り換えの例にされているのが固定金利から低金利な変動金利に借り換えを行うケースです。

変動金利だと固定に比べて1%から2%低く設定されていることが多いのでパッと見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利から固定金利の場合では、金利変動リスクはありません。

住宅ローン借り換え繰り上げ手数料

今の組んでいるローンの金利よりも低い金利にするために行う住宅ローン借り換えですが、借り換え時にはいくつか注意点があります。

まず注意するのは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、返済総額を抑えられることなどがメリットとして挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要があります。

こういった面も含めて総合的に考える必要があります。

また、借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済手数料が発生しないかなど自分に合ったローン選びをする必要があります。

住宅ローンを選ぶ際に大切なことがあります。

例えば、繰り上げ返済が簡単に行えることです。

なぜかというと繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息もどんどん減っていきます。

結果として総支払額が短縮された期間の利息分少なくなったり、支払期間が短くなります。

そのため、手続きをインターネットで行えることや繰上げ返済額が一円以上なのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

返済時に気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで生活が苦しくなったら本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときも同様の部分をチェックしてください。

1度組んだ住宅ローンを他の住宅ローンに変更する住宅ローン借り換えですが最初の申し込みで組めたから借り換えも大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換え審査が通らないこともあるんです。

基本的には最初のローン審査時と職場や年収が変わっていなければ転職して全然違う職種になっている、年収が下がっている場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初の住宅ローンの申し込み時よりも物件の評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

年収に対してのローン額が増えていると通らない可能性があります。

家計を圧迫すると言われる住宅ローンの返済ですが今組んでいるローンの金利から金利が低いローンへ見つかったらそちらに変えたいですよね。

変える際、金利だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは通常のローン借り換えとは異なり登記をはじめ、いろいろな費用が発生しますので、費用を入れて計算したら逆に損してしまうということもあります。

そのため、web状の借り換えシミュレーションを利用してメリットがあるかを確認しましょう。

借り換えを行うのによいタイミングとして言われているのが、借り換えメリットが月収以上や50万円以上になった時です。

住宅ローンを組んでいる際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った場合、控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末時点の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントと専門家も言っています。

控除をフルに活用するには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済を行いことなどがあります。

ローン控除では1%が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払う金利が大きくなるからです。

住宅を購入する際に利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも要件を満たしていれば利用できます。

控除を受けるには勤め先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告を行う必要があります。

その際、必要書類が多いので直前から準備を始めずに余裕を持って始めましょう。

借り換え後でも活用できる要件としては、当初の住宅ローン返済のためという内容と借り換え後の借入期間が10年以上になっているかという点です。

基本的に私たちが借り換えを行う理由としては借金を返すことが目的ではなく金利を見直すためなので状況がそんなに変わっていなければ適用されることが多いです。