後悔しないリフォームローンの選び方と金利の安い銀行の探し方

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけに拘ってはいけないということです。

借入れ可能な期間や上限金額や担保、保証人の必要可否なども考慮する必要があります。

また、団信の加入可否についてや事務手数料などの諸費用も比較することが大切です。

建材メーカーの中には自社の商品を使ってリフォームすると金利0%かつ無担保ローンというのを提供してくれる会社もあるのです。

リフォームローンはとかく種類が多いので探すのが大変と言う人はローンに対応しているリフォーム会社に相談するのもオススメです。

リフォームローン金利比較を行う際は口コミで話題の比較サイトを利用するのがおすすめです。

いくつもの金融機関の情報が掲載されている比較サイトであれば借入れ条件が一目見てわかります。

金利や借入限度額など調べたい条件に応じて並び替えができるので調べる手間が省けます。

サイトによってはバナーが貼ってありますのでクリックするだけで金融機関のHPへ飛べたりもします。

最近はネット銀行が増えてきたので来店せずとも銀行へ足を運ばずに申請できるローンが増えています。

リフォームを考えている方へ、リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税は住宅ローンを利用しリフォームを行った際に対象となる減税制度のことです。

対象となる工事内容についてですが何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

工事内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超えた場合にのみ適用されるというものです。

減税申請を行う側についても条件が定められており工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

また減税の申請は自己申告制なので入居した翌年に確定申告をする必要があります。

最近話題のアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、返済回数は最長で84回(7年)、融資可能額は10万円以上300万円以内という大変ライトなローンになっています。

気になる金利ですが短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

インターネットでの申し込みが可能なことや担保や保証人が不要ですので、小規模なリフォームにはおすすめです。

シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

アルヒ(ARUHI)のリフォームローンは申込資格が満20歳以上から完済時年齢80歳未満の個人とされています。

融資可能金額は50万円以上1 000万円以内となっており、返済回数も1年(12回)から35年(420回)となっており住宅ローン並みに長期といえます。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、任意で団信保険付プランを付けることも可能です。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回の長期プライムレートを3か月後の口座振替から適用します。

商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、各プランごとに基準金利と事務手数料が設定されています。

比較的手軽に借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保を用意する必要のないリフォームローンです。

保証人や土地などの担保がいらないので手軽に利用出来るローンです。

一方で、金利が高いことや、借入期間が短い、限度額が少ないなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

故に無担型ローンが適しているという場面は小規模なリフォームです。

持ち家があり、少額のリフォームなので余裕がある人のリフォームとみなされることが多く比較的審査に通りやすいようです。

残念なことにリフォームローンに落ちた人はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

落ちてしまった要因として希望金額が収入に対して高すぎた可能性があります。

勤続年数や雇用形態に問題があった可能性もあります。

例を挙げるとリボ払いの残額が残っていたり、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況も大きな要因となります。

これらのローンをきちんと返済することがまずは求められます。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォームをする上でかなり重要ですよね。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額は住宅ローンの1/10程しかありません。

リフォームで借入れできる金額は500万円から1000万円以内がほとんどです。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額が多いとその分、返済額も膨れ上がってしまうのです。

現実的な返済額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関によって様々です。

低金利の場合1%台からありますが、高い場合になると金利は15%に近くになるところも。

金利体系というものが2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利というものは完済まで金利は変わらない安心感がありますが、元々の金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利維持し続けて返済を続けるリスクもあります。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型であれば期間は最長で35年、上限金額は1000万円から1億円に跳ね上がります。

金利は長期借入の方が低金利になるので無担保型は最大約5%に対し担保型最大約2%の低金利になります。

又、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。

口コミなどの評価が高いおすすめのリフォームローンを探すには 口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますから一概にネット情報だけに頼るのはいけません。

まずは、今の住宅で不満点を家族で洗い出し、リフォームに必要な金額を算出し条件にあうリフォームローンを探しましょう。

費用が高額ならば有担保型ローンが低金利なのでおすすめですが、少額で済みそうであれば小回りが利く無担保型ローンがおすすめです。

中古住宅の購入と同時にリフォームを行いたいと考えている人は一体型のリフォームローンを選ぶことで金利を低く抑えることができますよ!金融機関より借り入れたリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に余剰分を申告・返金する必要はあるのでしょうか?融資される金額は業者の見積書などによって決定するため余剰が出るケースは稀ですが過剰請求したのではないかと不安になりますね。

片や、建設業界では追加費用が発生してもローン内で収まるように事前に上乗せ融資を勧めるといった業者もいます。

追加融資が難しい金融機関では、予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、気になってしまう人は繰り上げ返済をしておくとよいでしょう。

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、評価が高い金融業者が良いとは限りません。

参考:リフォームローン金利比較で安い銀行は?【ランキングで選ぶ!】

低金利なローンには多くの人が集中するので審査基準が厳しめになっているようです。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまい腹いせとして悪い口コミが増えるということはよくあります。

ですので、口コミに踊らされてしまうと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われずどういった経緯でその評価になったのかという理由が重要なのです。

口コミ評価の高いオリコのリフォームローンをご紹介します。

オリコのリフォームローンは365日年中無休、仮受付してくれるWebリフォームローン仮受付が便利です。

来店不要でパソコンから申し込みができ審査も最短で2日という速さなので銀行へ出向く必要性がありませんね。

オリコのリフォームローンは完済時まで固定金利が適用され保証人、担保、保証料など一切不要というメリットがあります。

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らず太陽光発電の設置工事などにも利用することが可能です。

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、Webフォーマットには販売店コードまたはIDを入力しなければならないことがあげられます。

リフォームローンの頭金を用意するに当たり、どれくらいが相場なのか、それはリフォーム業者によって対応が異なります。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事が完了次第一括払いでお支払いくださいという業者もいます。

工事料金についても施工業者によって大分違いますので複数のリフォーム業者から見積もりを取って比べることをおすすめします。

頭金の金額は工事費用の1割から2割くらいが一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

リフォーム業者選びを失敗しないためには事前に契約内容を確認することが重要です。

絶対に契約締結前に頭金などを請求する業者は選んではいけません。