リフォームローンと住宅ローン借り換えを一緒にしてみたら?

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から完済時年齢80歳未満の個人とされています。

融資可能金額は50万円以上1 000万円以内となっており、返済回数は12回から420回となっており、住宅ローン並みに長期のローンを組むことができます。

そのため契約を結ぶには連帯保証人が必須になり、融資の合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定されることになりますので、団信保険付プランを選択することも可能です。

貸付利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利はみずほ銀行における長期プライムレートとなります)を3か月後の口座振替から適用されます。

商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

リフォームローンの金利は金融機関によって異なります。

低金利の場合1%台からありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

イオン銀行住宅ローンのリフォームローンではWEBで事前審査を申込ができます。

金利体系については2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利は金利が低いメリットがありますが、景気の情勢に応じて金利が変わってしまうリスクがあります。

その点、固定金利は完済されるまで金利が変わらないという安心感はありますが、元々の金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利維持し続けて返済を続けるリスクもあります。

リフォームローンを探すオススメの方法として有効なのはランキングサイトを参照するのが良いでしょう。

とはいえ、住宅事情というものは人それぞれで異なりますので一概にネットの口コミ情報だけに頼ってしまうのはよくありません。

まず、現在の住宅で不満な点を家族で洗い出してリフォームに必要な金額を算出してから条件にあうリフォームローンを探しましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額の場合なら小回りが利く無担保型ローンが良いと思います。

中古住宅の購入と併せてリフォームを計画されている方は一体型のリフォームローンを利用することで、金利を抑えることが可能です。

失敗しないリフォームローンの選び方というのは金利だけに拘ってはいけないということです。

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

団信(団体信用生命保険)の加入が可能か否かや手数料などの諸費用も比較要件です。

建材メーカーの中には自社商品をリフォームで使用する場合、金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。リフォームローンと住宅ローン借り換えを同時にすることで様々なメリットもあるようです。

リフォームローンは様々な会社から魅力的なプランが用意されていますのでローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

リフォームローンで受けることができる控除には所得税の控除というものがあります。

申告することによってその年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件が指定されていて定められています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下という条件があります。

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税は住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になります。

対象となるリフォーム工事にはいくつかの条件があります。

減税対象となる麹は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

利用者に関しても要件があり年収3000万円以下かつ、返済期間は10年以上、また工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどが条件として定められています。

減税は自己申告制なので確定申告が必要となります。

住宅ローンと同じ低金利でリフォームのローンも賄えるという目論見ができます。そして実際に住宅ローン借り換えにリフォーム資金をプラスして借りることができる銀行もありますので、事前審査を申し込んでみても良いかもしれませんね。

参考:リフォームは住宅ローン借り換えと同時がお得?【住宅ローン利用が安い】

リフォームローンを利用するに当たり気になるのは口コミだと思いますが、評価が高い金融業者が良いとは限りません。

どうしても低金利なローンには人が集中するので審査基準が厳しめになっているようです。

審査が厳しいが故に多くの人が審査落ちしその腹いせに悪い口コミが増えるということは多くあるのです。

なので、偏った口コミに流されてローンを選んでしまうと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

金融関係の口コミの場合、口コミの件数に左右されることなく、どういった経緯でその評価になったのかという理由が重要なのです。

新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)とライトなローンになっています。

金利に関しましては7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

パソコンやスマホで申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

返済シミュレーションも条件が詳細に設定できるので、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。

知っていましたか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保の有無によっても金利が変わり現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が平均的な相場です。

金利のタイプには2種類あって固定金利型と変動金利型があります。

変動金利型というのは市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。

さらに固定金利型には永続的な長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利になり満期を迎えるごとに長期型か変動型かを選択するという固定金利選択型があります。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。リフォームローンと住宅ローン借り換えを一緒にしてみたら良いといいます。

しかし、リフォームローンというものは住宅ローンと比べて借入限度額はわずか1/10です。

リフォームローンで借入れできる金額は最大でも500万円から1000万円程度です。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額が多いとその分、返済額も膨れ上がってしまうのです。

無理のない返済額に応じた借入額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。